カテゴリ:未分類( 73 )

<文科省>大学院や学部の設置認可を諮問(毎日新聞)

 文部科学省は18日、来年度に新設を計画している公私立大延べ53校の大学院や学部などの設置認可を、大学設置・学校法人審議会に諮問した。審議会の答申を受け、10月末に正式決定の予定。

 学部新設の申請状況をみると、スクラップ・アンド・ビルドが目立つ。公立の福岡女子大は国際教養、環境科学など3学科からなる国際文理学部(定員計240人)を開設する計画だが、一方で文学、人間環境の両学部(同180人)は11年4月の学生募集を停止する。私大の学部や学科設置計画にも同様のケースが多く見られる。【本橋和夫】

 開設を目指す主な学部、学科、大学院などは次の通り。(大学院のカッコ内は研究科)

 <公立大の学部>福岡女子大(国際文理)

 <私立大の学部>茨城キリスト教(経営)▽宇都宮共和(子ども生活)▽共栄(教育)▽人間総合科学(保健医療)▽金沢学院(スポーツ健康)▽聖泉(看護)▽京都女子(法)▽関西外国語(英語キャリア)▽関西福祉科学(保健医療)▽九州栄養福祉(リハビリテーション)

 <私立大の学科>上智(看護)▽京都光華女子(看護)▽広島経済(スポーツ経営)

 <私立短大の学科>龍谷(こども教育)

 <私立大学院>星槎(教育学)▽北海商科(商学)▽日本赤十字秋田看護(看護学)▽杉野服飾(服飾)▽松本(健康科学)▽四日市看護医療(看護学)▽森ノ宮医療(保健医療学)▽兵庫医療(看護学、医療科学)▽山口学芸(教育学)。

交通事故死、半数が高齢者(医療介護CBニュース)
振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
高校の学園祭でも盗撮 ビデオ約650本押収 容疑の男追送検(産経新聞)
都城市の口蹄疫、半径1キロ圏すべて陰性(読売新聞)
首相、参院選負ければで辞任かとの質問に「気の早い人だね」(産経新聞)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-06-19 07:47

<転落>パワーショベル運転の男性死亡 兵庫でビル解体中(毎日新聞)

 7日午前11時20分ごろ、兵庫県川西市小花1のビル解体現場で、5階で作業をしていたパワーショベルが約16メートル下の1階に転落した。運転していた60歳代の男性作業員が間もなく死亡した。

 県警川西署の調べでは、作業員は阪急川西能勢口駅前の旧「ジャスコ川西店」の建物5階で、別のパワーショベルに乗っていた同僚1人と解体作業中。階段が撤去された場所から誤って転落したという。【衛藤達生】

【関連ニュース】
<関連記事>としまえん:「フライングカーペット」から少年転落し重傷
<関連記事>乗用車転落:3人死亡 千葉・成田
<関連記事>転落:9階から、あわや 木の枝クッション、小4男児右脚骨折
<関連記事>事故:「花見せたい」…61歳娘の車転落 95歳母も死亡
<関連記事>車転落:百貨店駐車場4階から、男性2人死亡 大阪

エース級種牛5頭、抗体検査で異常なし(産経新聞)
逃走男、周到に準備か=長い刃物、手袋着用−弁護士殺害事件・神奈川県警(時事通信)
創新党・山田氏は東京選挙区で出馬(スポーツ報知)
哨戒艦事件、菅内閣でも連携=日韓外相(時事通信)
不正請求などで訪問介護など2事業所の指定取り消し―三重(医療介護CBニュース)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-06-08 16:12

地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)

 全国老人福祉施設協議会(全国老施協)の中田清会長は5月28日に開いた「2010年度キャリアパス・人材育成セミナー」で講演し、厚生労働省の「地域包括ケア研究会」がこのほど公表した報告書で、介護保険施設を住宅と位置付けるケアの在り方を提言している点について、施設の解体につながるとの懸念を示した。

 同研究会の報告書では、団塊の世代が75歳以上となる25年を見据えたケアの在り方が提言されている。この中では、介護保険施設を一元化し、最終的には住宅として位置付けた上で、必要な在宅サービスを外部から提供する仕組みなどが盛り込まれている。

 この報告書について中田会長は、「介護保険制度見直しや報酬改定の一つの重要な資料になる」との見方を示す一方で、内容については「施設解体」と批判し、「地域も在宅も必要だが、同様に施設も必要」と訴えた。また、施設が在宅サービスに近づくことによって「介護報酬の引き下げにつながる」との懸念を示し、「特養の優位性や機能を国民に訴え、何としても特養を守っていかなければならない」と強調した。

 さらに中田会長は、今年度の重要課題として、42万人余りに上る特養待機者の解消を挙げた。その上で、待機者解消に向けてかねてから主張してきた20万床の緊急整備が、自民党の参院選の選挙公約原案に盛り込まれたことを紹介した。また、14年度に要介護2-5の人に占める介護保険施設や居住系サービスの利用者の割合を37%以下とする「参酌標準」については、「廃止してもらうしかない」と訴え、地域の実態に応じた施設整備の重要性を指摘した。


【関連記事】
2025年、地域で高齢者支える仕組みを―田中慶大教授
介護が政治に望むこと(1)「現政権、期待できるが先行き不透明」―全国老施協・中田清会長
在宅だけでは「限界」―全国老施協・中田会長
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)

【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)
口蹄疫 特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
<刑務官暴行>革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)
首相動静(5月20日)(時事通信)
角川春樹氏、俳句結社誌の電子書籍版配信へ(読売新聞)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-05-29 19:09

<生きる>心癒す弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)

 世界的なバイオリニストの川畠成道さんが15日、東京都新宿区の東京オペラシティで「グランドファミリーコンサート2010」(毎日新聞社後援)を開いた。川畠さんは闘病中の親子の支援を続け、毎日新聞の小児がん征圧キャンペーンに賛同。司会を務めた女優の紺野美沙子さんが約1100人の聴衆に募金を呼びかけた。

 8歳で薬の副作用による視覚障害を負った川畠さんは、10歳でバイオリンを始め、98年にデビューした。「家族への感謝の気持ち」を込めてファミリーコンサートを02年から開いており、今回が9回目。ピアノの寺嶋陸也さんと共にエルガー「愛のあいさつ」やピアソラ「タンティ・アンニ・プリマ」など12曲を演奏し、「つまずいた時にふと思い出すのが家族かなと思います」と語りかけた。

 5歳で急性リンパ性白血病となり治療経験のある千葉県松戸市の小学3年、橋本日衣菜(ひいな)さん(9)は「川畠さんの演奏を聴くと気持ちが落ち着きます。『愛のあいさつ』を生で聞けて感動しました」と目を輝かせた。【小泉大士】

【関連ニュース】
ひと:郎朗(ランラン)さん 「のだめ」ピアノ吹き替え
キーシンの新譜はアシュケナージとのプロコフィエフ
「幸せな家族なんてない。だから家族を描きたかった」 鬼塚忠 小説「カルテット!」
遊ナビ:音楽 /東京
桑名弦楽合奏団:結成20年、巡回演奏会−−桑名といなべで16、22日 /三重

<詐欺容疑>養老保険金を詐取、元郵便局員を逮捕 警視庁(毎日新聞)
京王線で人身事故、ダイヤに乱れ(読売新聞)
<朝日新聞襲撃事件>「実行犯」名乗った男性自殺か 北海道(毎日新聞)
橋下知事 基地機能分散「順位高いのは関西」(産経新聞)
湯浅氏が国際現代音楽協会名誉会員に(時事通信)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-05-21 20:06

<穀物被害>ホルモン散布で高温障害防止 東北大チーム(毎日新聞)

 高い気温で穀物が不作になる「高温障害」を、植物自身が持つホルモンを散布することで防ぐことに、東谷篤志・東北大教授(分子遺伝学)の研究チームが成功した。地球温暖化の影響で、小麦や大麦、トウモロコシの収穫量は年間4000万トンずつ減っているといわれており、農作物被害の低減に役立つと期待される。米科学アカデミー紀要に発表した。

 植物は高温や乾燥などにさらされると、花粉ができにくくなり、実の収穫量が落ちるが、その仕組みは謎だった。

 研究チームは大麦を適温より約10度高い環境で育てた。すると、葉や根では細胞分裂が活発になり生育は良かったが、花粉を作る過程では細胞分裂が止まった。そこで、適温で育てた大麦と比べた結果、花粉ではオーキシンという植物ホルモンが半分以下に減少し、オーキシンをつくる遺伝子の働きも低下していることが分かった。

 また、高温で育てた大麦に、オーキシンを散布すると花粉が作られ、収穫量も回復した。東谷教授は「オーキシンが多すぎると枯れるが、比較的簡便な方法なので、農家に受け入れられやすいのではないか」と話す。【西川拓】

【関連ニュース】
ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
幹細胞:政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授
iPS細胞:臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案
新・多能性幹細胞:「ミューズ」と命名…東北大チーム発見
若年性パーキンソン病:異常ミトコンドリア蓄積が原因

<子ども手当>一部現物支給を提言…民主党の国民生活研究会(毎日新聞)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)
水上バイク事故 3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
皇太子さま、首都圏外郭放水路に(時事通信)
「特上カバチ!!」表現めぐり温度差 弁護士会VS行政書士会 (産経新聞)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-05-13 13:52

切り札・仕分け第2弾、「政治ショー化」懸念も(読売新聞)

 鳩山首相が政権浮揚の切り札と期待する「事業仕分け」第2弾は、官僚OBの天下り先となっている独立行政法人の不透明な実態や無駄遣いに切り込んだ。

 ただ、財政的な効果が薄いと見られるだけに、官僚たたきなど「政治ショー」になりかねないとの懸念も出ている。

 ◆納税者目線◆ 

 第2弾の最初に取り上げられたのは、沖縄科学技術研究基盤整備機構。2012年度の開学を目指す沖縄科学技術大学院大学の設立準備を行っているが、その運営委員会は、委員10人のうち5人が国内外のノーベル賞受賞者と、そうそうたる顔ぶれがそろう。

 「ノーベル賞受賞者を招くことで大学が世界レベルになる、というつながり(理屈)がよく分からない」

 民間仕分け人の松本悟・一橋大大学院非常勤講師は、大学の設立準備に世界トップレベルの科学者を集めることの効果に疑問を呈した。

 委員の報酬は年間1万ドル(約93万円)で、年2回程度の委員会に出席すると、さらに1回5000ドル(約47万円)の謝金が出る。仕分け人たちは「会議にまったく出なくても年間1万ドルもらえるんですか」「会議に出ない委員は何をしているのか」と“納税者目線”の質問を次々とぶつけた。理事長が沖縄在住でないことも問題視した。

 結果は「予算縮減」。02年のノーベル生理学・医学賞を受賞したシドニー・ブレンナー理事長は会議後、記者団に不満をにじませた。

 「個人的な理由で沖縄に住めないが、国際的ネットワークを使い、毎日毎日、この機構のために仕事している。委員たちへの年間1万ドルは極めて適切な額だ」

 今回の事業仕分けは初日から、高額な給与など恵まれた待遇にあったり、国や民間との事業重複など典型的な無駄を抱えるように見えたりする独立行政法人が対象に並んだ。議論は前回同様インターネットで生中継され、国民の多くが明らかに無駄だと思えるような事業に冒頭からメスを入れ、「見せ場」を作った。

 ◆意気込み◆

 鳩山政権は、首相や小沢民主党幹事長の「政治とカネ」の問題や沖縄の米軍普天間飛行場移設問題の行き詰まりなどで、支持率の低下に歯止めが掛からない。「子ども手当が支給されれば支持率も下げ止まる」(首相周辺)と見る向きもあるが、高速道路の新料金制度をめぐる迷走も加わり、事業仕分けは政権浮揚に向けた「頼みの綱」だ。

 鳩山首相は23日夜、首相官邸で記者団に「『縮減』(判定)などがもう出てきている。国民の目線でしっかりやってもらいたい」と期待を寄せた。枝野行政刷新相は23日の開会式で「政権が国民から求められているのは税金の無駄遣いをやめさせることだ。私たちが先頭に立って、この仕事を遂行することが、国民の信頼を回復する唯一の方法だ」と意気込んだ。

 ◆皮肉◆

 官僚OBの天下りの温床と指摘されてきた独立行政法人に切り込み、「政官業の癒着構造」にメスを入れる意義は小さくない。

 労働政策研究・研修機構が行うインターネットを通じた職業紹介に関する23日の議論では、クレディ・スイス証券チーフ・マーケット・ストラテジストの市川真一氏が、プロ野球選手の紹介を「『ボールを打ち、走り、守る。学歴は関係ない』などとなっている」と読み上げて国費投入を疑問視するなどして、「廃止」に導いた。

 独立行政法人の無駄遣いについては、自民党政権時代には十分チェックされなかったとの指摘もあり、国民の期待も大きい。

 今回の事業仕分けは、インターネットで動画を配信する民間企業5社が生中継したが、昼休みの時間帯などにアクセスが殺到し、動画がとぎれるなど一時つながりにくくなることもあったほどだ。

 ただ、こうした追及の半面で「官僚や独法たたきのパフォーマンスが過熱しかねない」(内閣府幹部)との懸念も出ている。

 中小企業基盤整備機構の仕分け作業に出席した長谷川栄一中小企業庁長官は記者団を前にこう皮肉った。

 「今日の先生方は『無駄じゃないか』と疑い、とにかく少しでも節減しようと(いう姿勢だった)」

 (政治部 栗林喜高、経済部 有光裕)

選挙費用で整体・整髪…民主・長島議員が訂正(読売新聞)
<TBS>役員5人処分 報道番組での不適切な取材で(毎日新聞)
<科学ジャーナリスト賞>青野由利・毎日新聞論説委員が受賞(毎日新聞)
投票用紙交付ミス影響?同数最下位者くじ引きに(読売新聞)
<雑記帳>再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-04-27 20:40

明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴(産経新聞)

 平成13年7月の兵庫県明石市の歩道橋事故で、榊和(かず)晄(あき)元明石署副署長(63)への起訴議決を受け、検察官役を務める指定弁護士は20日、業務上過失致死傷罪で榊元副署長を在宅のまま強制起訴した。検察審査会の議決に強制力を与えた昨年5月の改正検審法施行以降、強制起訴は全国初。起訴権限は事実上、検察官が独占してきたが、市民の司法参加を受けた歴史的な起訴となった。

 榊被告はこれまでの事情聴取で否認を続けているとみられ、指定弁護士は今後引き続き担当する公判で、業過致死傷罪の構成要件となる事故の予見可能性を立証。さらに公訴時効(5年)の経過については、部下だった元地域官(60)=上告中=との共犯が成立するため、刑事訴訟法の規定で時効が停止する、と主張していく。

 強制起訴したのは、神戸地裁から選任された安原浩(66)▽中川勘太(37)▽長谷部信一(31)−の3弁護士。地検から引き継いだ捜査記録の精査に加え、今月15日に榊被告を事情聴取するなど補充捜査を進めていた。

 神戸地検は「当日の警備を元地域官に委ねており、現場の危険性も認識していなかった」として榊被告を4度にわたり不起訴としたが、指定弁護士は「副署長として、自らまたは部下に指示して混雑状況を監視する義務があった」と指摘。

 過失の範囲についても、これまで地検が起訴した被告の場合とは異なり、事故当日の警備の不備だけでなく、警備計画の策定段階にもさかのぼる神戸第2検察審査会の議決内容を踏襲した。

 起訴状によると、榊被告は平成13年7月に明石市で開催された花火大会の際、見物客らの転倒事故発生が予想されたにもかかわらず、適切な措置をとらずに11人を死亡、183人に重軽傷を負わせたとされる。

【関連記事】
明石歩道橋事故 検察官役の指定弁護士が遺族と面会
神戸地検が可視化の機材貸出へ 明石歩道橋事故で 
明石歩道橋事故 指定弁護士が「検察官役」、公判で有罪立証へ
新宿で歩道走行、2人はね逃走 軽乗用運転の女逮捕
自転車専用? 県庁前の歩道標識で二重のミス 新潟
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
<雑記帳>ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
博多湾の女性胴体、諸賀さんと判明(読売新聞)
搭乗求め大混雑=欧州行き出発便カウンター−成田空港(時事通信)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-04-23 06:02

伊丹空港旅客数、リニア開業後「半減」 関経連試算は兵庫と隔たり(産経新聞)

 関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港問題に絡み「関西3空港懇談会」事務局の関西経済連合会がはじき出した需要予測で、伊丹空港の旅客数について、平成37(2025)年の開業を目指すリニア中央新幹線の整備後、経済情勢が低調ならピーク時の約半分となる930万人程度まで落ち込むと試算されていたことが12日、産経新聞が入手した内部資料で分かった。

 12日の懇談会では、リニア開通後に、国内線は3空港で21年度の約7割となる1500万人程度まで下がる可能性を示す参考値が公表されたが、各空港個別のデータは示されなかった。

 一方、兵庫県が独自に行った需要予測では、3空港全体(国内、国際線)で、平成34年度で最大4721万人に膨らむとされていたことも判明。関経連予測(37年度)の最大値と比べても約800万人多く、3空港のあり方を探る前提となる需要予測の段階から、かけ離れたデータが示されていた実態が浮かんだ。

 伊丹空港の需要については、リニア開通後は競争力が低下する羽田便の廃止などに大きな影響が出ると予想され、大阪府の橋下徹知事が掲げる伊丹廃港論の根拠にもなっている。

 内部資料によると、関経連の需要予測では、伊丹の旅客数は平均値で10年後の平成32年度でピーク時(16年度、1948万人)の80%の1551万人、37年度で83%の1623万人になると試算。しかし、リニア開通後は53%の1040万人、世界経済の低迷が継続すれば下方値として48%の930万人に落ち込むと予測されている。

 また、3空港の国内線は、37年度で2344万人(21年度は2044万人)となるものの、その後リニアの影響で1500万人程度まで減少するとされた。

 一方、兵庫県独自の予測は、現状維持のままの運用▽3空港を一元管理し、伊丹・神戸に課せられている運用制限を撤廃▽羽田の国際ハブ化伴う伊丹の需要増−など4つの前提条件に、過去の需要予測モデルや内閣府のGDP成長率試算などを活用して算定。その結果、国際線を含む34年度の3空港全体の旅客数は、現状維持でも4213万人、最大値で4721万人に膨らむと予測している。

 兵庫県の予測値は、30日に開かれた3空港懇談会の幹事会で提示されたといい、井戸敏三知事は「一元管理の効果と、羽田ハブ化の影響があると思い試算した」と主張。これに対し、橋下知事は「楽観に過ぎる予測値は(信憑(しんぴょう)性に乏しい)過去の需要予測と同じ発想だ」とコメントした。

【関連記事】
大阪府議会が伊丹空港廃港を決議 大阪、兵庫で相反
大阪vs兵庫、県議会が伊丹空港存続決議 廃港派の橋下知事は…
リニア確定まで10年間は一元管理、関西3空港懇が大筋合意
橋下知事、関空リニア事業費「国は複線で試算した」
橋下知事に応酬、伊丹廃港案で兵庫知事「世の中を動かしてみなさい」
外国人地方参政権問題に一石

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(4)(産経新聞)
趣味と実益 都営交通モニター人気(産経新聞)
元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
救急救命士国試、合格率84%(医療介護CBニュース)
北日本中心に暴風に警戒=低気圧発達、強い冬型に−気象庁(時事通信)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-04-20 15:22

<強盗>私がやりました…刑務所から自供の手紙(毎日新聞)

 刑務所に服役中の男から「コンビニ強盗は私がやりました」と自供する内容の手紙が愛知県警小牧署に届き、同署は7日、この男ら2人を強盗容疑で逮捕した。

 逮捕されたのはいずれも住所不定で無職の山下洋一容疑者(25)と山口顕一郎容疑者(37)。容疑は2人は08年12月27日夜、同県小牧市元町2のコンビニエンスストア「サークルK小牧元町店」で女性店員にカッターナイフを突きつけ、売上金など約9万2000円を奪ったとされる。

 小牧署によると、山下容疑者は窃盗容疑、山口容疑者は傷害容疑などで別々の刑務所に服役中。手紙を出したのは山下容疑者で、2月18日に同署に届き、調べで山口容疑者の関与も判明した。

 手紙には「出所したあとにコンビニ強盗で逮捕される夢を見て眠れなかった。早く罪を清算したいと思った」などと書かれていたという。【花井武人】

【関連ニュース】
事後強盗:容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野
公務執行妨害:パトカーに軽ワゴン車衝突、黒人少年逮捕
強盗:新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州
強奪:3人組が風俗店事務所から200万円奪う 横浜
強盗:パチンコ店から300万円と景品 東京・江戸川

ひき逃げ容疑で内装業者逮捕=路上の男性死亡−警視庁(時事通信)
出産時出血で対応指針=救急指標利用し迅速判断−大野病院事件機に5学会(時事通信)
諏訪大社の御柱祭、勇壮な「木落し」始まる(読売新聞)
「ドミノなかった」離党4人で自民に安堵の声(読売新聞)
子ども手当 外国人への支給厳格化 年2回帰国面会確認へ(毎日新聞)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-04-14 12:59

科学的知見から迅速審理を 毒ぶどう酒事件(産経新聞)

 弁護側の特別抗告から3年余り、最高裁が下した結論は、差し戻しだった。審理の舞台は再び名古屋高裁に移る。

 しかし、最高裁の決定に結論の方向性は特に示されておらず、即座に再審開始の予兆は読み取れない。高裁では改めて証拠調べから行われることになる。

 決定のなかで最高裁は「科学的知見に基づく検討をしたとはいえず、いまだ事実は解明されていない」とまで踏み込み、農薬の再鑑定を命じた。

 3月に再審無罪が確定した足利事件でも、弁護側が独自に行ったDNA型鑑定が再審の扉を開くきっかけとなったように、最近の司法判断では、丁寧な審理に加えて、科学的な証拠と、科学的な立場からの検討が重視される流れにある。

 今回の特別抗告審のなかで、最高裁は検察、弁護側双方の主張を丁寧に聴いてきた。弁護側は特別抗告の申立書を含め11通、検察側はこれに対する答弁書など3通を提出した。

 最高裁として、どこで審理を尽くしたとするか。厳しい判断を迫られる死刑事件にあって、“凶器”となった農薬に疑義が生じたことは、奥西勝死刑囚の自白の信用性すら揺るがしかねない。

 差し戻しという結論には、審理の長期化より、真相究明を重くみる最高裁の慎重姿勢が表れているともいえそうだ。

 とはいえ、奥西死刑囚は84歳。1審の無罪判決が2審で一転、死刑となり、7回目の再審請求審でもいったん下された再審開始決定が覆り、今回さらに差し戻されることになった。差し戻し審の結論次第では、再び特別抗告審で争われる可能性もある。

 奥西死刑囚が、揺れる司法判断のはざまで翻弄(ほんろう)されてきた側面があることは間違いない。差し戻し審では、双方の主張を絞り込み、証拠を精査した上での迅速な審理が求められる。(酒井潤)

【関連記事】
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件
弁護団長「再審へ光」 名張毒ぶどう酒事件、差し戻し決定
「適切な立証に努めたい」 名張毒ぶどう酒事件で最高検
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
「次は私も再審を」名張事件で奥西元被告
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「減速義務なかった」自動車運転致死に無罪(読売新聞)
参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)
<強盗>私がやりました…刑務所から自供の手紙(毎日新聞)
遺産2億円を脱税 開業医の養女告発 名古屋国税局(産経新聞)
大型車にひかれ母即死、抱いた1歳児は無事(読売新聞)
[PR]
by pf75p8kifl | 2010-04-09 02:02